院長ごあいさつ
  1. ホーム >
  2. 院長ごあいさつ

院長ごあいさつ

江黒歯科クリニックのホームページへようこそ

院長:江黒徹 えぐろ とおる江黒歯科クリニックは平成17年4月開院の歯科医院です。私(院長:江黒徹 えぐろ とおる) はこの土地に生まれ、ずっとこの行田で育ちました。この土地でもう12代目になりました。 川島産婦人科(現、行田中央病院)で産まれ、行田幼稚園・行田市立東小学校・長野中学を 卒業後、熊谷高校に進学しました。 自分が虫歯に悩まされた幼い頃の経験から、歯科医師を目指し、日本歯科大学歯学部を卒業 して歯科医師になりました。

歯科医師となってからは、日本歯科大学大学院歯学研究科に進み、虫歯や歯周病をきちんと治して保存する歯科保存学を専攻し、「 Er:YAG レーザー照射 エナメル質の構造・組成変化」という学位論文を提出して、歯学博士の学位を受領しました。 その後も、大学附属病院において臨床・研究・教育に研鑽してきました。


講義中の様子大学では、歯学部専任講師として数多くの講義や臨床実習を受け持ち、歯科専門学校では併 任講師として、歯科衛生士さんの教育に携わってきました。その講義の数は年間60回以上です。

歯科医師として10年以上の時が流れた2005年、自分が学んできた知識と経験を、自分を育てて下さった地域の方々に還元できたらと考えるようになり、自分が守るべき土地に独自のクリニックを開院することにいたしました。

現在の医療は、Evidence based Dentistryといって知識に裏付けられた治療が推奨されています。 開業後の6月に行われた日本歯科保存学会認定医審議会では、保存治療の指導医申請が認めら れました。保存治療認定医は専門医として登録されることになっており、近い将来、社会的 に認知されるものと考えています。保存治療というのは聞き慣れない言葉ですが、「極力、 歯を削らない・神経をとらない、歯周病から歯を守ろう」という治療です。その認定医(専 門医)というのは、「歯を抜かない・削らないために必要な知識・技術の研鑽をした」という証です。認定医は以前から取得していましたが、指導医申請には学会発表・論文などの審査があり、それなりに大変でした。

学会での発表講演また、インプラントなどの先端医療に関わり、毎年、数多くの学会に参加して最新情報を基に治療しています。 だからこそ感じていることは「どんなに高度な先端医療でも天然歯(ご自身が生まれもった 歯)に勝るものはない」ということです。 歯は、失った時にその有り難さを感じます。 お子様に口うるさく「歯ブラシの練習」を、そして親御さんにしっかり「仕上げ磨き」を提唱しているのは、一生涯、自分の歯で食べて欲しいとの思いからです。 私どもの努力不足もあり、まだまだ、「むし歯は誰もがかかるもので、たいしたことない!」 「むし歯になったら治せば良い!」と思っている方が多いように感じます。 しかし残念なのですが、歯は削ってしまったら元に戻らないのです。こんなことをいうと誤解を与えそうですが、ご自身が生まれ持った歯は、二度と作ることはできないのが実状です。 そして、どんなに優れた最先端治療でも、時間の経過とともに再治療が必要となるのです。講義中の様子 もちろん、むし歯の進行を止めることは可能ですし、むし歯の痛みを止めることは可能です。 でもそれは、元に戻す治療ではないのです。

「しっかり治療して、定期検診を継続する」、80歳で20本の歯を残すという八〇二〇運動が推進されています。 老後に楽しい食生活を維持することは、長寿への一番の近道です。若い頃から、自分の歯を 大切にしましょう。江黒歯科クリニックはそのお手伝いをしていきます。 これまで、学び・研究してきた知識・技術・経験をふまえ、日々精進・努力していきます。 どうぞ、叱咤激励下さいますようお願い申し上げます。

略歴

1994年 日本歯科大学歯学部卒業
1994年 歯科医師免許取得 免許番号 第122695号
1998年 日本歯科大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1998年 日本歯科大学歯学部歯科保存学教室第2講座 臨床研究生
2001年 日本歯科大学歯学部歯科保存学講座 助手
2001年 日本歯科大学附属歯科専門学校 衛生士科 講師(併任)
2003年 日本歯科大学歯学部歯科保存学講座 講師
2005年 江黒歯科クリニック開業
2005年 日本歯科大学東京短期大学 衛生士科 講師(~2007年)
2005年 日本歯科大学生命歯学部歯科保存学講座 非常勤講師(~2012年3月)
2012年 日本歯科大学生命歯学部接着歯科学講座 非常勤講師(現在に至る)

■資格等
日本顎咬合学会/咬み合わせ治療認定医
日本歯科保存学会/保存治療認定医・評議員
日本レーザー歯学会/レーザー治療認定医・指導医・評議員
日本口腔インプラント学会/専門医・指導医・代議員
日本歯科保存学会/保存治療の専門医・指導医
日本糖尿病協会/登録歯科医師
■社会的活動
1994年 全日本医歯薬学生馬術連盟 評議員(現在に至る)
2001年 厚生労働省認可社団法人 日本歯科先端技術研究所 理事
2004年 日本歯科レーザー歯学会 評議員(現在に至る)
2005年 日本歯科保存学会 評議員(現在に至る)
2007年 日本口腔インプラント学会・評議員(現在に至る)
2008年 厚生労働省認可(社)日本歯科先端技術研究所 専務理事
2009年 日本レーザー歯学会 保険導入委員会委員 公益法人化準備委員会委員
2009年 (社)日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部 広報委員会副委員長(~2012)
2010年 (公社)日本口腔インプラント学会専門技工士委員会委員(現在に至る) 2011年 日本レーザー歯学会 広報委員会委員(現在に至る)
2012年 (公社)日本歯科先端技術研究所 専務理事、日本口腔インプラント学会/財務委員会委員・用語委員会委員・専門歯科技工士委員会委員
2014年 (公社)日本口腔インプラント学会 財務委員会委員・医療社会保険委員会委員・倫理審査委員会委員・専門歯科技工士委員会委員等

発表論文等

研究発表の一覧はこちらのページにてご覧いただけます。
寄稿論文の一覧はこちらのページにてご覧いただけます。

書籍の執筆・寄稿/マスメディアでの紹介

こちらのページにてご覧いただけます。

ページトップへ戻る