メインテナンス 効果的な歯のみがき方
  1. ホーム >
  2. 定期健診|効果的な歯のみがき方

メインテナンス / 定期健診

歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方毛先がフラットで毛束が密になっているものをお勧めします。「山切りカット」や「毛先が球」とか「毛先を極細」など、良さそうなイメージにしてコマーシャルされていますが、昔からあるノーマルな歯ブラシが一番です。ところが、最近のドラッグストアでは、普通の歯ブラシをおいていないことが多いようです。歯ブラシによって清掃効率は全然違いますので、値段ではなく形状で選びましょう。

ブラシの交換時期

皆さん、どのくらいの期間で歯ブラシを交換していますか? 毛束の部分を裏側からみて毛先がはみ出して見えるようになったら交換です。 一概に交換時期を定められませんが、1ヶ月に1本程度を目安にすると良いでしょう。

音波ブラシ

音波ブラシ音波ブラシは電動歯ブラシと違い、ヘッド部分ではなくブラシの毛が細かく振動することで汚れを落とすしくみです。
ソニケアに代表される最近の音波ブラシは、以前に比べてかなり効率的に磨けますし、殺菌効果も期待できるようです。しかしながら、磨くポイントを理解していないと、その効果は発揮されません。音波ブラシを使うなら、音波で磨いた後に、フロスや歯間ブラシ、さらには歯ブラシをつかって、ご自身の手で仕上げをするのがおすすめです。
スタッフの歯科衛生士たちも、新製品が出るたびに音波ブラシを試してはみますが、結局は普通の歯ブラシに戻っています。人間の手の方が器用に動くということですね。 どうしても磨けないという人には、電動歯ブラシではなく音波ブラシがおすすめです。

動画で見る、歯のみがき方

奥歯のみがき方

噛む面は誰でも簡単に磨く事ができます。その噛む面と平行にブラシをおいて、やや斜めにして歯肉を磨く感じにし、歯と歯肉の間を磨きます。歯1本分程度前後させ、歯1本を10回こすりましょう。その後、1本分ずらしてまた10回。そうすると1本が20から30回程度こすられ、綺麗になっていきます。

前歯のみがき方

とくに前歯の裏側は、歯ブラシを縦にして磨く必要があります。 唇側は、奥歯とおなじように磨きましょう。

ページトップへ戻る